所属弁護士

多様なエキスパート集団、
でもある。

OUR TEAM

能力を集結し、
最善を追求する。

当事務所は、事業再生分野での豊富な経験を有する
髙橋修平弁護士が2008年に設立し、
多様な経験と専門性を有する8名の弁護士が所属しております。
会計士、弁理士、司法書士、コンサルタントから、
倒産事務やIT分野まで、各分野のエキスパートでもある弁護士が
有機的に連携し、依頼者のために最善を追求します。

髙橋修平

代表
弁護士

Takahashi Shuhei

企業再生をはじめ、経営の根幹に関わる
膨大な案件実績を持つ当事務所の所長。
高度な専門性と依頼者に寄り添う姿勢で、
多分野の経営者から信頼と支持を得ている。

プロフィールをみる

学歴

平成 7年 3月
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
平成10年 4月
弁護士登録(東京弁護士会)
平成10年 4月
清水直法律事務所に入所(平成11年〜14年は休所し米国留学)
平成13年 5月
ボストン大学ロースクールを卒業
米国法学修士(LL.M. in American Law)を取得

経歴

平成13年 8月
ニューヨーク市ビンガム・マカッチェン・ダナ法律事務所入所
平成13年11月
米国ニューヨーク州弁護士登録
平成14年 3月
清水直法律事務所に復帰
平成20年 4月
独立し、髙橋修平法律事務所を開設
平成23年 8月
現在の住所にて、上原公認会計士事務所とともに移転開業

所属

東京弁護士会法律研究部 倒産法部
東京弁護士会法律研究部 会社法部
IPBA(Inter Pacific Bar Association:環太平洋法曹協会)
東アジア倒産再建協会日本支部
INSOL (International Association of Restructuring, Insolvency & Bankruptcy Professionals)

         

主に担当してきた分野・事件

平成10年に清水直法律事務所入所以降、一貫して、倒産処理・会社再建の
第一人者である清水直(しみずただし)弁護士の師事を仰ぎ、会社再建案件、
企業買収・M&A案件を中心に多数の企業法務案件を主任として担当する。
独立後も、金融業界、製品保証会社、IT・ソフトウェア業界等のDD案件や、
ゴルフ場、アパレル業界、ゼネコン、飲食業界、食品メーカー、医療機器業界(MBO案件)等、
様々な業種のM&A案件を多数取り扱う。事業再生においては、
企業の業種や適用法令の調査・理解・分析が必要不可欠であるが、当事務所では、
これまで関与してきた多くの案件を通して蓄積してきた経験とノウハウを活用し、
より高度な戦略的分析を踏まえたプランニングや、法務DD及び財務・会計DD、ドキュメンテーション、ネゴシエーション等、
実務的かつ戦略的なアドバイス及び法務サポートの提供が可能である。
会社分割、民事再生・会社更生・特別清算・破産等の法的手続きのみにとどまらず、事業再生ADR、
公的な再生支援機関が関与する事業再生など、多様な方法を用い、あるいは組み合わせることにより、依頼者の立場や、
時間的・経済的合理性を総合的に勘案しながら、ニーズに応じたきめ細かなリーガルサービスを提供することを心がけている。
このほか、企業内外における紛争処理、労働問題、コンプライアンス・内部統制、知財争訟(商標権訴訟等)、
債権回収、民事商事紛争一般などの企業法務以外にも、日常的な法律相談、親族・相続案件も取扱い、
常にお客様にとって有用な法律家たることを目指して幅広い分野で活動している。

主な実績

  • 法務デューディリジェンス及び財務・会計デューディリジェンス案件
    証券会社、製品保証会社、自動車道事業の運営・管理会社、データベース管理会社、など
  • M&A案件(事業譲渡、企業買収、MBO、等)
    ゴルフ場、ゼネコン、大手寿司チェーン、大手冷凍食品メーカー、医療機器販売会社、など
  • 法的手続(破産・民事再生・会社更生・特別清算)
    自動車販売会社、人材派遣会社、食品製造・販売会社、IT会社、
    芸能プロダクション・音楽レーベル会社、旅館業、美容用品販売会社、 など

阿部麻由美

パートナー
弁護士

Abe Mayumi

会計コンサルティング会社で培った知見で、
不確実な環境と直面する企業をサポート。
依頼者のニーズや問題点の本質を把握する
柔軟なコミュニケーションを旨とする。

プロフィールをみる

学歴

平成 9年 3月
早稲田大学法学部 卒業
平成20年 3月
早稲田大学法科大学院 修了

経歴

平成11年10月
司法書士試験 合格
平成11年12月 〜 平成17年3月
新日本アーンストアンドヤング
(現EYトランザクション・アドバイザリー・サービス) 勤務
平成20年 9月
司法試験 合格
平成21年12月
弁護士登録(東京弁護士会)髙橋修平法律事務所入所
平成30年12月
中小企業診断士試験合格

所属

  • 東京弁護士会法律研究部倒産法部

コメント

前職は、外資系会計コンサルティング会社に勤務し、金融機関や投資機関等をクライアントとして、
トランザクションアドバイザリー業務のうち、M&A取引における財務調査や貸付債権の
デューデリジェンス等のサポートをしておりました。企業を取り巻く環境の不確実性が増している現在において、
法律面からだけでなく、ソフトスキルを活かし、コミュニケーションを取ることで、
皆様のニーズや本質的な問題点を把握し、解決策をご提案致します。

西村義隆

パートナー
弁護士 / 弁理士

Nishimura Yoshitaka

技術者経験に根差した論理的思考で、
企業活動における広範な訴訟案件に対応。
ICTやAIについての豊富な知識を有し、
次代の知的財産権問題にも取り組む。

プロフィールをみる

学歴

平成14年 3月
東京工業大学工学部電気・電子工学科卒業
平成16年 3月
東京工業大学大学院情報理工学研究科計算工学専攻修士課程修了
平成19年 3月
東京大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻博士課程修了、博士(情報理工学)
平成22年 3月
明治大学法科大学院修了

経歴

平成16年11月
弁理士試験合格
平成22年 9月
司法試験合格
平成23年12月
弁護士登録(東京弁護士会)
平成24年 1月
髙橋修平法律事務所入所
平成30年 5月
弁理士登録

所属

  • 東京弁護士会法律研究部倒産法部
  • 東京弁護士会法律研究部知的財産権法部
  • 電子情報通信学会
  • 日本音響学会
  • 日本ロボット学会

コメント

技術者としての経験に根差した論理的思考で、事業活動を行う上で生じるさまざまな法律問題に取り組みます。
また、ICT(Information and Communication Technology)やAI(ArtificialIntelligence)の知識を生かし、
コンピューターや知的財産権に関する法律問題にも力を入れています。
依頼者との信頼関係を大切にし、弁護士間の連携を図りながら、
「経営者を救いたい」という思いをひとつにする髙橋修平事務所で、最善を尽くします。

亀井孝衛

パートナー
弁護士 / 公認会計士

Kamei Takae

銀行、投資ファンドの視点と
弁護士・公認会計士としての専門性を併せ持つ
エキスパートとして経営者に寄り添い、
最善の意思決定を支援する。

プロフィールをみる

学歴・経歴

平成 8年 3月
慶應義塾大学経済学部 卒業
平成 8年 4月 〜 平成11年 2月
株式会社東海銀行(現 株式会社三菱UFJ銀行)
平成12年10月 〜 平成17年 7月
有限責任監査法人トーマツ
平成17年 8月 〜 平成20年 5月
日本みらいキャピタル株式会社
平成20年 6月 〜
公認会計士亀井孝衛事務所
平成21年 6月 〜 平成30年 6月
監査法人ベリタス
平成23年 3月
筑波大学法科大学院 修了
平成24年12月 〜
髙橋修平法律事務所入所

資格・登録

平成16年 4月
公認会計士 登録
平成24年12月
弁護士登録
平成30年 7月
税理士登録

所属

  • 東京弁護士会法律研究部倒産法部

コメント

銀行、監査法人の金融部門、バイアウト・ファンドの立場で多数の企業再生案件等に関与して得た視点と公認会計士の
実務を通じて得た専門性を生かし、私的整理による企業再生を中心に、一般企業法務、労働問題、債権回収、倒産、
M&A、財務調査、株価算定等、主に企業に関わる分野においてアドバイスを行っております。
法律、会計、税務等の複雑なルールが錯綜する中で、最善の意思決定を重ねていく困難に向き合う経営者に寄り添い、
その助けとなれるよう尽力したいと思っております。

江村祥子

弁護士

Emura Shoko

平成29年6月から渡米につき
一時登録抹消

依頼者に信頼と安心をもたらすべく、
丁寧さと誠実さを旨とする。
現在米国にて、経営と法律、
両面の知見を深めている。

プロフィールをみる

学歴

平成20年 3月
早稲田大学法学部 卒業
平成23年 3月
慶應義塾大学大学院法務研究科 修了

経歴

平成24年 9月
司法試験 合格
平成26年 1月
髙橋修平法律事務所入所
平成26年 2月
弁護士登録(東京弁護士会)

コメント

依頼者に寄り添い、不安や悩み、問題点等を共有しながら、
依頼者にとって最善の解決は何かを考え、その実現のために尽力します。
依頼者の皆様に信頼、安心頂き、そのお力となれるよう、一つ一つの問題に丁寧、誠実に取り組んで参ります。

辰巳駿介

弁護士

Tatsumi Shunsuke

困っている人を助けたいと初心を守り、
多分野において依頼者に最善の解決を追求。
一層充実したサービスをお届けするために、
日々、法律学以外の研鑽にも努める。

プロフィールをみる

学歴

平成21年 3月
早稲田大学法学部 卒業
平成24年 3月
早稲田大学大学院法務研究科 修了

経歴

平成25年 9月
司法試験 合格
平成27年 1月
髙橋修平法律事務所入所
平成27年 2月
弁護士登録(東京弁護士会)

所属

東京弁護士会 法律研究部倒産法部会

委員会活動

平成27年4月
東京弁護士会中小企業法律支援センター委員

コメント

目の前で困っている人を助けたいとの思いから弁護士を志しました。
この初心を忘れることなく、依頼者の皆様に寄り添い、問題の最善の解決に向けて全力で取り組ませて頂きます。
そして、法律だけでは解決できない問題のためにも、
日々、法律学だけではなく、会計学・経営学等の研鑽にも努めて参ります。

林 健太

弁護士

Hayashi Kenta

自身の両親も経営者であったことから、
経営者に寄り添うリーガルサービスを志す。
髙橋所長の薫陶を受けながら、
経営課題の最前線で多くの経験を積む。

プロフィールをみる

学歴

平成25年 3月
東京大学法学部第一類(私法コース) 卒業
平成27年 3月
慶応義塾大学大学院法務研究科 修了
平成27年 9月
司法試験 合格

経歴

平成28年12月
弁護士登録(東京弁護士会)髙橋修平法律事務所入所

所属

東京弁護士会 法律研究部倒産法部会

コメント

紛争や危機的状況の予防と解決を職責とする法律の専門家として、依頼者の皆様の利益を最大化し、
真のご要望にお応えできるよう、真摯かつ丁寧に取り組ませていただきます。

中村 望

弁護士

Nakamura Nozomi

問題に直面した時に、誰もが持つ不安を
解消したいという想いを原点にもつ。
小さな悩みとも親身に向き合い、
高いクオリティでの課題解決を目指す。

プロフィールをみる

学歴

平成25年 3月
横浜国立大学経済学部 卒業
平成28年 3月
横浜国立大学大学院国際社会科学府法曹実務専攻 修了

経歴

平成28年 9月
司法試験 合格
平成29年12月
弁護士登録(東京弁護士会)髙橋修平法律事務所入所

所属

  • 東京弁護士会法律研究部倒産法部
  • 東京弁護士会法律研究部独占禁止法部

コメント

様々な問題に直面した時に誰でも抱くことのある「どうしよう」という不安な気持ちに寄り添い、
その不安を解消できる存在でありたいという想いが私の原点です。
それはビジネスにおいても、また日常生活においても、
様々な局面で起こり得ます。経営のことについて話ができる弁護士は必ずしも多くない中、
髙橋修平事務所の一員として、高いクオリティで皆様の問題を解決する弁護士でありたいと思います。
依頼者の皆様には、ご不安なことがあれば、ご遠慮なく、小さなことでも相談していただきたいです。